1. ホーム
  2. ステージ攻略
  3. さいかい!ドンキーコング

さいかい!ドンキーコング

ボス・ケロゾーンと対決

ラスボスを除けば最後のボスとなる敵だけに、多様な攻撃パターンと5段階ものバトルフェーズが用意されています。第1段階は両手に持ったクリーバーを飛ばし、第2段階以降は炎や拳を使って攻撃してきます。ボス・ケロゾーンの頭が白く光り出したら炎を吐いてくる合図なので、すぐに左右どちらかの端に寄って避難すること。

第1段階 - 鉄球でクリーバーを倒す

最初にクリーバー4体 (2体ずつに分けて2回) が襲ってくるので、落ちてきた鉄球を当てて倒します。クリーバーはボス・ケロゾーンの手に握られている時は当たり判定がないため、鉄球を持ったら画面左端に移動して待っていましょう。これで左から来るクリーバーを自滅させることができるので、再び鉄球を持ってもう片方のクリーバーに当たりに行けば簡単に倒せます。

第2段階 - 画面端から鉄球を取りに行く

クリーバーを倒してボス・ケロゾーンがいったん姿を隠したら、画面の左右どちらかの端に寄って待ち、ボスが姿を現して炎を吐き出したら、隙を見て鉄球を取ってボスの頭に当てます。鉄球が反対側に落ちてきた場合は、炎がこちら側に来て折り返す直後にダッシュして取りに行くとよいでしょう。2回ダメージを与えると次の段階に移行します。1回目のダメージを与えた直後はすぐに画面端に寄り、2回目のダメージを与えた直後は画面中央で待つこと。

第3段階 - 拳の上が安全地帯

第2段階が終わると、いきなり両手の拳を床に降ろしてくるので、画面端にいるとダメージを受けてしまいます。また、拳が降ろされた直後は床に震動が起こるため、ジャンプしていないと動きを止められてしまいます。拳が降ろされると同時にジャンプして、どちらかの拳の上に乗ってしまえば安全です。その後は炎の動きをよく見て、床に落ちた鉄球を取って頭に当てましょう。鉄球が反対側に落ちてきた場合は、炎がこちら側に来たときにジャンプして飛び越すと安全です。2回ダメージを与えると次の段階に移行します。ダメージを与えた直後は、いずれも拳の上に乗って待つこと。

第4段階 - 振り下ろされる拳に注意

第4段階のボスの攻撃パターンは第3段階とほぼ同じ、唯一違うのはダメージを与えた直後に拳を振り下ろす動作が加わっていることです。第3段階が終わった直後は左の拳が振り下ろされ、1回目のダメージを与えた直後は右の拳が振り下ろされるので、それぞれ反対側の拳に乗って待っていると安全です。2回目のダメージを与えた直後はボスがいったん姿を消すので、よける必要はありません。

第5段階 - 最初の拳攻撃は2回目にジャンプして乗る

ボス・ケロゾーンが姿を現したら、両手の拳を2回振り下ろしてくるので、1回目は垂直ジャンプで震動をよけ、2回目はジャンプでどちらかの拳に乗ります。その後、ボスの体と拳がやや上に移動してから火球が吐き出され、地面が火の海になります。地面の火が消えてから次の火球が吐かれるまでの間に鉄球を広い、それをボスの頭に1回当てれば勝利となります。